文章の時代から写真や動画の時代へ

スマホと手紙

「若者の活字離れ」という言葉が登場してから随分と時間が経ちました。
初めてこの言葉が使われ始めた時代に若者だった人も、今では中年と呼ばれるような年齢に差し掛かっています。
文章を読まない世代が既に社会を支える中心的な役割を担うようになってきているのです。

こうした状況に拍車をかけるように、写真や動画を使ったウェブ上のサービスが勢いを増しています。
主に写真を共有することを目的としたSNSが複数あり、どれも若い世代を中心に人気を集めています。
また動画サービスについても同じ状況で、日本国内のものから海外サイトまで複数の事業者が存在します。

このため、ブログを書くことによって収入を得るブロガーに変わって、動画コンテンツを配信する人たちの活躍が目立ってきています。
文字を読むことには苦痛を伴う世代にとっては、動画を見ているだけで楽しい思いができる方が魅力的なのは言うまでもありません。

また、これまでのテキストが中心のSNSでは論理的な思考をする男性の方が楽しんでいましたが、写真を中心としたSNSには女性のユーザーが数多くいます。
女性を上手く取り込むことはビジネスでは鉄則ですので、文章の時代から写真や動画の時代へと向かう流れは止められそうにありません。

写真、画像、動画の時代へ

カメラとyoutube

画像には、瞬間的に多くの情報を伝えるという特徴があります。
文章のように全てを最初から最後まで読まなければ真意が分からないものとは違って、数秒間に多くの情報が吸収できます。
時間を効率よく活用したいビジネスマンにとっても、やはり画像による視覚的な学び方は無視できない存在になってくるでしょう。
実際に今の中高生の世代では、アプリなどを活用して動画や写真などが数多く用意された学習教材を使用して、学びの効率性を高めようとする学生が増えています。
楽しいアプリで勉強することには、大人にとっては少し抵抗があるかもしれませんが、学習効果が高いものですから否定するべき理由が見当たりません。

このように様々なシーンで、文章ではなく写真や動画の方が好まれる時代へと変化してきています。
読書によって得られる情報には貴重なものが多く、また体系的な理解ができるという大きなメリットがあるのですが、やはり写真や動画を見ているよりも疲れるので、あまり人気は高くありません。
人間は少しでも楽をしたい動物ですから、この時代の流れを逆行させることは難しく、時代の流れに乗ることを意識した方が良い成果が得られそうです。

写真や動画を活用したアプリも多い!

中高生の学習ツールとして写真や動画をふんだんに使ったアプリが活用されていますが、その他に様々な形で写真や動画を活用したアプリが増えてきています。
その背景には、やはり文章ではなく写真や動画を好む時代の訪れがあります。
写真や動画を活用すれば多くのユーザーを獲得でき、広告などの収益を上げることが出来るため、写真や動画を活用したアプリが増えているのです。

写真を活用したアプリには、SNSなどの情報発信を目的としたものの他に、写真そのものを加工するためのアプリも数多くあります。
写真の上にイラストを乗せたり文字を書いたりできる簡単なものから、顔の肌艶を良くしたり、風景写真から不要なものを消したりモザイクを入れたりと本格的な加工ができるものまであります。
写真加工アプリのなかで人気なのは、料理の写真を美味しそうに加工できるものと、顔を美しく加工してくれるものです。
なぜなら、こうしたアプリを使って加工された写真は主にSNSに掲載されるものですので、投稿の人気が高い料理と自撮りに対応したツールが人気となっているのです。

また動画関連のアプリでは、ごく短時間の動画を共有するサービスが人気です。
広告掲載などの収益が得られる動画アプリもあり、単に面白さを共有するだけではなくビジネスとして取り組む人も増えています。
このため、素人でも加工が簡単な短時間の動画の人気が高まっているのです。

アプリでライブ中継もできる

毎日7時に配信中

さらに動画を使ったアプリでは、ライブ中継が可能なものも人気を集めています。
一般人の素人による動画配信であっても、数百人の視聴者が同時接続するような人気番組があります。
このようなサービスの場合は、明らかに広告による収益が上がる仕組みが確立されており、ライブ配信をビジネスとして行っているセミプロのような存在が何人もいます。

インターネットの環境が整ったことで、写真や動画が気軽に共有できるようになりましたので、今後も次々と同様のサービスが増えてくることが予想されています。
そして、こうした楽しいサービスやアプリが増えることによって、さらに集中するために一定の時間が必要な文章から、多くの若者が離れていくことになりそうです。

写真や動画を見て楽しむことも良いですが、これだけ気軽に情報発信が出来るような時代になりましたので、見るだけでなく自分自身でも写真や動画を積極的に公開して、多くの人に見てもらえるように試みてみるのも良いでしょう。
もしかしたら広告の収益を得て大きなビジネスに成長するかもしれません。